キャッシングと任意整理

キャッシングが返せなくなれば任意整理をすることになる

債務整理で借金を減額してみよう

債務整理を使えば借金の悩みを軽くすることが出来ます。それで債務整理にはいろいろ方法が有りますが、今回は裁判所を通さないで出来る任意整理で債務整理をしてみましょう。任意整理は弁護士または司法書士の法律家に、借入先との交渉をしてもらいます。

 

それで任意整理を始める前に、法律家と相談して毎月可能な返済額を決めて、その額で3年間で完済できる額を計算して債務の減額幅を決めて、交渉の条件を決めます。

 

条件が決まれば法律家は着任通知を借入先に送付します。着任通知を受け取った借入先は、返済を要求できなくなり、法律家と交渉をすることになります。そして交渉がうまくいけば債務は減額されて、毎月の返済額は少なくなります。そして交渉が不調に終われば、債務が減額されずにそのままの額で返済をしなければなりません。

 

任意整理はあくまでも債権者と債務者との話し合いだから、法的拘束力はなく、借入先は交渉を拒否しても構いません。しかし借入先も交渉決裂で自己破産になっての回収不能は避けたいので、交渉にはほぼ応じます。

 

任意整理による債務整理は、あくまでも交渉に過ぎず、債務の減額も債権者の同意が必要です。それでも債務を減額出来るのが大きく、これを利用して借金問題を解決する人が多いです。


ホーム RSS購読 サイトマップ